日本ジュニア選手権終幕

結果はこちら 男子は札幌学院大学が優勝。北海道勢としては4連覇を達成。奇しくも準優勝も4年連続で長野勢となりました。 女子はあおもりユースが悲願のV達成。北海道、長野勢に毎年阻まれて万年3位の座でしたが、地元の利も活かして全勝優勝。昨年の雪辱を果たしました。準優勝は昨年覇者の軽井沢ジュニア。
スポンサーサイト

日本女子の平昌五輪出場は確実か?(駄文長文)

カーリング競技における平昌オリンピック出場権は、近2年(2016年、2017年)の世界選手権の結果で獲得するオリンピックポイントの合計ポイント上位7チームに無条件で与えられます。(開催国の韓国が上位7チームに入った場合は8位まで出場権が与えられます)

オリンピックに出場できる国数は10カ国。近4年(2014~2017年)に世界選手権へ出場した国、及びパシフィックアジア選手権3位になった国による世界最終予選が行われ、この大会の上位2カ国に出場権が与えられます。

世界選手権における獲得オリンピックポイントは以下のとおり。

1位14点

2位12点

3位10点

4位9点

5位8点

6位7点

7位6点

8位5点

9位4点

10位3点

11位2点

12位1点

2016年世界選手権の出場国獲得ポイントはというと

1位スイス14

2位日本12

3位ロシア10

4位カナダ9

5位スコットランド

6位アメリカ7

7位韓国6

8位デンマーク

9位スウェーデン

10位ドイツ3

11位フィンランド

12位イタリア1

ちなみにソチオリンピックでは、女子では開催国であるロシアが上位7カ国以内に入り、ポイント数8位であった韓国が9ポイントでオリンピック出場権を獲得しています。

ソチオリンピックのような世界選手権上位チームにほとんど動きがなければ、ボーダーラインはかなり低くなるので当確といって良いと思います。逆に下位チームが上位に食い込む、もしくは上位チームが下位に沈むような事があれば、ボーダーラインが上がり、12ポイントでもギリギリのラインになる可能性も少なからずあります。

参考までにバンクーバーオリンピック男子のオリンピックポイントがどうだったかというと

カナダ(14+12)26

スコットランド(12+14)26

ノルウェー(10+10)20

アメリカ(6+8)14

フランス(8+5)13

中国(9+4)13

ドイツ(5+7)12

注)バンクーバーオリンピックは近3年の世界選手権で獲得したポイントで出場10カ国全てを決定していたので、上記のサンプルは近2年で仮定したものです。

このケースだと7位のドイツが12ポイントとなります。同一ポイントだと直近の世界選手権の順位が優先されますので、仮にもう1カ国が12ポイントを獲得していても直近の世界選手権でドイツより上位にいなければ出場権を獲得できません。

2017年の世界選手権で日本にとって怖いのは、何度も世界選手権やオリンピックでメダルを獲得してきたスウェーデンチームでしょう。ヨーロッパ選手権では好調スコットランドに敗れたとは言え予選を8勝1敗。近年は世界選手権で苦戦していましたが、代表チームが変わって古豪復活の予感がします。今度の世界選手権では上位に食い込んでくる可能性が高いです。

仮にスウェーデンが2位に入り、それ以外のチームが同一順位であった場合、韓国と12ポイントで同一となりますが、直近大会が優先されポイントでは8位。ただ韓国は開催国であるため8位でも日本が出場権獲得となります。

まあ、それだけ12ポイントという数字はかなりデカく、最悪のケースで最終予選に回る確率としては20%程度(適当)ではないでしょうかね。0ではないけど可能性は非常に低い。韓国が連続出場というのも大きいと思います。

世界2位がまさかの・・・波乱のヨーロッパ選手権

ヨーロッパ選手権で昨季の世界選手権上位チームが苦戦を強いられています。

何といっても男子世界選手権で準優勝だったデンマークチームが2勝7敗で最下位に終わり、世界選手権出場どころか、ヨーロッパ下部グループへ転落という大波乱がおきました。

初戦のスコットランド戦は所々で良いショットを見せて快勝しただけに、上位に間違いなくくるだろうと思ったのですが、その後連敗。メンバー交代や投球順を変えたりして試行錯誤していましたが、結局最後までどうにもならなかったようです。世界選手権時とメンバーも同じなので、敗因がよくわかりません。

やぱりブラシのパッドに関するルール改正による影響なんでしょうか。

女子も世界選手権覇者のスイスチームが大苦戦。大会終盤に何とか巻き返しましたが4勝5敗で6位フィニッシュ。世界選手権の出場権は確保したものの、世界選手権にちょっと不安を残す結果となってしまいました。

と、波乱含みではあったものの結果を見ると強いチームが順当に勝ち上がった感じです。男子のスコットランドは地元開催で6位と冴えない成績なんですが、ソチオリンピックでは銀メダルですからね。よく分からないチームです。もっともオリンピックは今大会のチームでなくてマードックのチームが出場したんですが。

ヨーロッパカーリング選手権

ヨーロッパカーリング選手権が開催中です。

公式ページ こちら

男子はお馴染みのメンバー。

昨季の世界選手権の戦績から言えばノルウェースウェーデンデンマークが有力ですが、スウィープルールの改正後なだけに何とも言えません。

女子はロシアチームがお馴染みのシドロワチームでないのにはびっくりしました。

日本ジュニアカーリング選手権日程決まる

青森県カーリング部さんが日本ジュニア選手権のホームページを開設してくださいました。

こちら

残念ながら関東勢は男女共に関東中部ブロック大会で全滅。

中部の壁は厚い。

女子は軽井沢勢がやや優勢。男子は混戦模様ですね。

第25回日本ジュニア選手権

日本ジュニア選手権が11月22日から27日にかけて青森県青森市みちぎんドリームスタジアムで開催されます。

公式ページはこちら

もう出場チームは決定していると思いますので、そのうち出場チームやスケジュールも公開されると思います。

※ジュニアの年齢規定

本年6月30日時点で21歳未満。なので同学年でも出れる人と出れない人が出てきます。

PACC決勝

やりました!日本男子代表SC軽井沢クラブが、決勝で中国を破りPACCで初優勝。日本男子代表としては15年ぶりの快挙を達成しました。

また一つの壁を崩したSC軽井沢クラブの皆さん、おめでとうございます。

放送してくれた日テレG+さんも、音楽に映画「シムソンズ」のメインテーマを流してくれる辺りはいいセンスでした。

このテーマを聞いていると、日本男子が世界選手権で初メダル、そして20年ぶりの出場となるオリンピックでの快進撃を想像してしまい、何かゾクゾクしてしまいます。

PACC準決勝

日本男子代表チームが予選最終日に台湾に敗れるという波乱に、驚きのあまりにブログの更新が出来ませんでした。

という訳では無く、仕事と私用で試合自体を見れず書く時間も無かったという・・・、まあそんな事はどうでもいいですね。

日本女子が予選を3位通過、日本男子は4位通過と予想以上に厳しい結果で、準決勝は女子が中国と、男子は韓国と強豪チームと当たる羽目になってしまいました。

女子準決勝。

韓国vsニュージーランドは早々に勝負が決して韓国が勝利。この結果、日本は準決勝で中国に勝っても決勝で韓国に勝たなければならない難事業となってしまいました。

試合開始時間が仕事中という事もあり結果しか分かりません。既にご存知とは思いますが、完敗だったようです。

ショット率

スコア01.jpg

2人がショット率50%というのは、昨年の世界選手権を見ているだけにちょっと信じられない数字です。何が原因なのかは分かりませんけど、今季のブラシの仕様ルール変更が影響していると思われても仕方ないところでしょうか。元々スウィープ力は道銀チームや中部電力よりも劣っていただけに、ブラシ変更の影響は大きかったのかもしれません。

幸い今年の世界選手権で準優勝しているおかげで、現有のオリンピックポイントだけでも平昌五輪出場は有力ではありますが、LS北見はこの状態のままでは日本選手権等の国内選考で苦戦を強いられそうです。

男子準決勝は両端のシートを使用して2試合同時に行われました。

2位vs3位対決となった中国vs台湾は、実績通りに中国が大差をつけて完勝しました。台湾は3位決定戦で世界最終予選(オリンピックポイントで出場のかなわなかった国によるオリンピック出場最終予選。過去4年の世界選手権出場国など出場には一定の条件が必要)の枠をかけて韓国と対戦します。3位に入れば最終予選に出場できますので、台湾チームは死に物狂いで韓国に挑んでくると思われます。

さて、1位vs4位対戦の韓国vs日本。

正直なところ、韓国チームとしては「1位通過したのに何で相手が日本なんだよ」と思っているでしょう。まあこればかりは計算して戦う事は出来ないですからね、仕方ないところです。日本は、台湾に負けて予選1位通過が有力であった筈が4位通過。試合直後はかなり気分は落ち込んでいたと思います。ただ、救いであったのが相手が予選で勝利した韓国であった事。女子とは違って、気持ちの切り替えはしやすかったかもしれません。

試合序盤は、日本が神がかり的(神ってるって言葉は嫌いなので使いませんが)に面白い位ショットが決まり、先行スタートながら優位に試合を運びました。第4エンドでスチールされてリードを許しますが、得点差は僅か1点であった為、昨日のように焦りはほとんど無かったと思います。

試合を決定づけたのは第8エンドで2点をもぎ取ったところですが、第6エンドに大量失点のピンチを脱してブランクでやり過ごせたのは大きかったです。

今大会一番の試合と言っても過言では無い位に、終始緊迫した試合内容でエキストラエンドにもつれ込む大接戦。日本が延長戦を制し、決勝進出を果たし同時に来年の世界選手権への出場を決定しました。

さらには、これで現在9ポイント確保しているオリンピックポイントに上積みすることが確定。9位以上を確保すれば、安全圏の13ポイントに達して、男子では長野五輪以来20年ぶりのオリンピック出場が決定します。昨季4位であった日本代表チームですから、ほぼこれでオリンピックへの出場が決まったと言って問題ないでしょう!

選手たちが涙ぐむのも分かります。

日本代表チームであるSC軽井沢クラブを応援し続けて7年。中部選手権で敗退し、日本選手権すら出場出来なかったどん底の時も知っているだけに個人的にも感慨深いものがありますね。本当におめでとうございました。

PACC予選最終日を迎えて

今後の展望を考えてみましょう。

男子は、ニュージーと台湾の2国がダークホース的に不気味ではありますが、日中韓が7勝1敗で並んだと想定して、プレーオフはどうなるのか。

おそらくはDSCの結果により順位付けがなされる事と思います。

9日終了時点でのDSCの結果はコチラ(PDFファイル注意)

現時点で韓国チームのDSCは4位。ただ、過去の数字を見ていくと、上位チームを追い越すのは厳しい状況です。恐らくは予選3位通過となると思われます。

日本と中国の差が微妙なんですよね。ただ、逆転出来るチャンスはあるのでLSDには細心の注意を払ってもらいたいところです。

といっても明日の、台湾、ニュージーランド戦を連勝する事が大前提。人事を尽くして天命を待てば自ずと1位通過してくれるものと信じています。(1位通過がなれば、中韓が3位となり準決勝でこの2チームとの対戦がなくなるので決勝進出にはかなり優位になり、また世界選手権出場が濃厚となります)

対して女子。9日の対中国戦で敗れ、残すは最終韓国戦を残すのみとなりました。

この韓国に勝利できれば6勝1敗で3チームが並ぶ事となり、DSC勝負となります。

現時点でのDSCはというと こちら(PDF注意)

日本は1m越えのLSDが4ショットあり90cm越えも2ショット、1番大きい数字と2番目がカットされても平均のDSCは中々下がらないと思います。自力でDSCを改善するのは限界がありますので、中国が最終試合に相当悪い数字が出れば日中のDSC順位は変わるかもしれませんが、韓国を逆転は難しそうです。

つまりは明日韓国に勝ったとしてもDSCで3位通過が濃厚の状況となってしまいました。

こうなると1位が中国になるか、韓国になるかで若干優位、不利が出てきます。

中韓どちらかとプレーオフでは2試合戦う必要があるのは変えようがありません。

仮に中国が1位通過した場合、準決勝は韓国との対戦となりこれに勝てば、決勝で中国に勝とうが負けようがどちらでも世界選手権出場が決定します。

この可能性が高いですが韓国が1位通過した場合、準決勝は中国との対戦となります。これに勝ったとしても決勝で韓国に勝たなければ世界選手権出場の道は絶たれる事となります。

これは来年の世界選手権の開催国が中国のため、開催国枠で中国の出場が決定しており、PACC女子に割り当てられた世界選手権出場枠は中国と後1枠。どうしても韓国を退けなければ道が無いという事からくるものです。

なので9日の中国戦は勝っておきたかったんですよね。日本が1位通過出来れば、準決勝は4位のチームですし、決勝1試合に集中する事が可能なので。まあ、こうなったらあれこれ論じても仕方ないので、以後全部勝つつもりでぶつかるしかないです。世界2位の実力を発揮しましょう。あと、念のためLSDも全力でお願いします。

PACC 5日目

男子は日中韓の3国に加えて台湾、ニュージーランドも加わり混戦模様。

ニュージーランド代表のDe Boerチームには、日本代表チームであるSC軽井沢クラブがいつも苦戦していて決して侮れないチームです。

台湾のシェンチームもWorld Curling Tourに毎年参加していて、こちらも簡単に勝てるようなチームではありません。

今日はその2チームが中韓と対戦し、あわやという試合を展開しました。結果は中韓が何とか押し切った形となりましたが、予選最終日にこの両チームとの対戦を控えている日本としてはちょっと怖くなるような試合内容でした。

女子は日中韓が3強状態で、他チームとはちょっと実力差がある感じですね。

今日は3強の中国との対戦。

日本としてはこの試合に勝ってその勢いで明日の韓国戦も勝利して1位通過を目指したいところでしたが・・・。

試合序盤は中国が圧倒的に精度の高いショットを続けて、日本にはかなり不利な状況でしたが、中盤に入ると一気に形勢が逆転。1点差をつけて最終エンドを後攻で迎えました。

センターガードをピールしながら、いい展開ではあったんですけどね。ラストショットはドローショットを強いられた訳ですが、それ程難しいショットで無かっただけにほぼ勝ったな、と安心していたんですが。まさか、ゴミを噛んでミスショットになってしまうとは。

クリーン作業をしていれば問題無く終了していたので、勿体ない敗戦です。対して中国はしつこい位にクリーン作業をしてましたんで、流石に世界チャンピョンになっただけあるなあ、と感じました。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR