Humpty's Champions Cup

4月25日(現地時間)から行われるカーリングのグランドスラム大会の1つであるHumpty's Champions CupにSC軽井沢クラブが参戦します。

公式サイト

カナダ国内の5強(Gushue、Koe、McEwen、Jacobs、Carruthers)に世界選手権の上位チームが出揃い、まさに世界最強を決定する大会です。




スポンサーサイト

カナダ男子カーリング選手権 Team Brad Gushueが優勝

Brad Gushueが14回目のチャレンジでついにカナダの頂点に立ちました。

公式サイトは こちら
Youtube Curling Canadaは こちら

まだ試合自体はYoutubeにアップされていませんが、ラストショットの模様がアップされました。



ここ数年、ずっと応援していたのでこのシーンを見たときは何か感動してしまいました。

しかしラストショットはほんとギリギリでしたね。結果は分かっていましたがヒヤヒヤしました(笑)

これで世界選手権出場チームが全て決定。

SC軽井沢クラブとTeam Gusheの対戦は今から非常に楽しみです。

テーマ : ウィンタースポーツ
ジャンル : スポーツ

カナダ男子カーリング選手権 栄冠は誰に?

公式サイトは こちら
Youtube Curling Canadaは こちら

カナダ男子カーリング選手権もいよいよ大詰め。

決勝に残った2チームは何と昨年と同じ2チーム。

1 vs 2でMBのTeam McEwenを破って今年は待ち構える立場のNL代表Team Gushue。
今年は銀メダルはいらない!

相手は予選3位通過で、3 vs 4でNOのTeam Jacobsを、準決勝でTeam McEwenを破って這い上がってきたCA Team Koe。
準決勝は5-2の劣勢からの逆転と勢いに乗っています。

ここまで来たらGushueに初栄冠を達成して欲しいです。

1 vs 2 McEwen vs Gushue


今大会最高の好勝負かもしれないDraw16 NL vs CA


そういえばLS北見の藤澤選手がDraw15だったか見に来てましたね。番組内で紹介までされてました。昨年世界選手権の銀メダリストと。

混沌 カナダ男子選手権

公式サイトは こちら
Youtube Curling Canadaは こちら

全勝チームが無くなり混沌としてきました。

Team Gushueも全敗中だったTeam NT(Koe2人いるんでNT表記)に完敗。例年上位チーム同士で食い合うというのはあるんですけど、下位チームに取りこぼしというのはあんまり見たことが無かったので、この敗戦にはびっくりしました。

そのTeam Gushueは日本時間の今日午前中にTeam Jacobsとの対戦。既にYoutubeにアップされています。

カナダ男子カーリング選手権

この大会の上位5チームが仮に全チームが世界選手権に出場すれば上位5チームを独占してしまうだろう、と言う位にレベルの高い大会です。

3月7日現在(日本時間)、首位はMB代表のTeam McEwen。World Curling Tourでは毎年上位にランキングされる強豪チームですが、未だオリンピックもカナダ代表にも縁遠いという無冠の帝王。今年こそは栄冠を掴む事が出来るでしょうか。

2位にはソチ五輪金メダリストのNO代表Team Jacobs。スキップのBrad Jacobsも凄い選手ですが、サードのRyan Fryもカナダを代表するような素晴らしい選手で、このツートップが揃うというのは反則的です。

3位タイに昨年優勝のTeam Canada Kevin Koe。昨年はほぼ無敵の強さを誇り、他を圧倒して世界の頂点に輝きました。このチームのサードMarc Kennedyも素晴らしい選手ですよね。

そして3位タイ、当ブログ一押しのNL代表Team Gushue。トリノ五輪金メダリストですが、未だにカナダ選手権は優勝した事が無いというシルバーコレクターチームです。ここのサードMark Nichols選手もトリノ五輪金メダリストですが、一時期Gushue選手のチームから離れていました。昨季だったかその前の年だったかに再度Gushue選手とチームを組み、現在に至ります。そろそろ優勝してもいいんじゃないかと思うのですが、今年はどうでしょうか。

先日行われたTeam McEwenとTeam Gushueの一戦がYoutubeにアップされています。



やっぱりGushue選手の地元だけあって声援が凄いですね。

試合のターニングポイントとなったのは第6エンドでしょうか。1点ビハインドながら後攻のTeam Gushueでしたが、ダブルテイクでブランクを選択せず(Nichols選手はブラシでダブル狙いを示唆していたんですが)ドローで1点を取る選択をし、オーバーウエイトで1点スティールを許してしまいました。これで一気に流れがTeam McEwenにいってしまいましたね。
Gushue選手のドローショットがあまりうまくいってなかっただけに何故あの選択をしたのかは、未だに謎です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR