注目の大会

Tim Horton Brier 2017 こちら
Curling Canada(youtube) こちら
World Women's Curling Championship 2017 こちら
World Men's Curling Championship 2017 こちら
World Mixed Doubles Curling Championship 2017 こちら
スポンサーサイト

テーマ : ウィンタースポーツ
ジャンル : スポーツ

カーリング女子の黄金世代

Rachel Homanの近前後世代のスキップが今大会に何と8チーム。まさに黄金世代でしょうかね。

USA:Nina Roth 1988年
CAN:Rachel Homan 1989年
SWE:Anna Hasselborg 1989年
CZE:Anna Kubeskova 1989年
SUI:Alina Paetz 1990年
SCO:Eve Muirhead 1990年
KOR:Kim Eun-jung 1990年
RUS:Anna Sidorova 1991年

ちなみに今回出場は出来ませんでしたが、日本を代表するスキップ藤澤選手も1991年生まれです。

Facebook

最近の大会とか協会さえも公式ページがFacebookにされています。

自分はFacebookをやっていないし、やるつもりも無いですが長野県協会とかのFacebookとか見るたびにログインしろとかメッセージウインドウが出てきて、とても煩わしいです。

スマホ、タブレットとかからだと見れるのでPCのみの特徴なんでしょうか。

Facebookで公式な情報発信はやめて欲しいな、というのが正直なところです。
(※人に見せたい訳ではないのなら話は別ですが)

選手とかが個人的にやるのは全然問題無いですが、北海道銀行フォルティウスのようにニセモノが横行して、フォルティウスの公式サイト上で「公式のFBはありません」とか書かないといけなくなってしまったりしている現状なので、怖いですよね。
知人だと思ってたFBが全然違う第三者が語っていただけとか。
あくまで自己責任なのでご注意を。


冬季アジア大会2017

来週18日から冬季アジア大会が札幌で開催されます。

カーリングは18日から24日までどうぎんカーリングスタジアムにて行われる予定です。

出場選手はなんと公式ページに出ておりません。 (参加選手公開されました)公式ページは コチラ

wikiの方がちゃんと出てるって何なんだか。

JOCのサイトに日本選手団が発表されていますので、出場選手を確認するならばコチラ(PDF)で。

正直、あまりアジア大会は興味ありません。冬季スポーツってアジアではあまり盛んでないので、やる意味あるのかなぁ、というのが率直なところです。

スキージャンプは女子の試合は無いので、高梨さんや伊藤さんも来ません。スピードスケートで小平さんが出るので、それだけちょっと観たいかな、ってところですかね。

日本女子の平昌五輪出場は確実か?(駄文長文)

カーリング競技における平昌オリンピック出場権は、近2年(2016年、2017年)の世界選手権の結果で獲得するオリンピックポイントの合計ポイント上位7チームに無条件で与えられます。(開催国の韓国が上位7チームに入った場合は8位まで出場権が与えられます)

オリンピックに出場できる国数は10カ国。近4年(2014~2017年)に世界選手権へ出場した国、及びパシフィックアジア選手権3位になった国による世界最終予選が行われ、この大会の上位2カ国に出場権が与えられます。

世界選手権における獲得オリンピックポイントは以下のとおり。

1位14点

2位12点

3位10点

4位9点

5位8点

6位7点

7位6点

8位5点

9位4点

10位3点

11位2点

12位1点

2016年世界選手権の出場国獲得ポイントはというと

1位スイス14

2位日本12

3位ロシア10

4位カナダ9

5位スコットランド

6位アメリカ7

7位韓国6

8位デンマーク

9位スウェーデン

10位ドイツ3

11位フィンランド

12位イタリア1

ちなみにソチオリンピックでは、女子では開催国であるロシアが上位7カ国以内に入り、ポイント数8位であった韓国が9ポイントでオリンピック出場権を獲得しています。

ソチオリンピックのような世界選手権上位チームにほとんど動きがなければ、ボーダーラインはかなり低くなるので当確といって良いと思います。逆に下位チームが上位に食い込む、もしくは上位チームが下位に沈むような事があれば、ボーダーラインが上がり、12ポイントでもギリギリのラインになる可能性も少なからずあります。

参考までにバンクーバーオリンピック男子のオリンピックポイントがどうだったかというと

カナダ(14+12)26

スコットランド(12+14)26

ノルウェー(10+10)20

アメリカ(6+8)14

フランス(8+5)13

中国(9+4)13

ドイツ(5+7)12

注)バンクーバーオリンピックは近3年の世界選手権で獲得したポイントで出場10カ国全てを決定していたので、上記のサンプルは近2年で仮定したものです。

このケースだと7位のドイツが12ポイントとなります。同一ポイントだと直近の世界選手権の順位が優先されますので、仮にもう1カ国が12ポイントを獲得していても直近の世界選手権でドイツより上位にいなければ出場権を獲得できません。

2017年の世界選手権で日本にとって怖いのは、何度も世界選手権やオリンピックでメダルを獲得してきたスウェーデンチームでしょう。ヨーロッパ選手権では好調スコットランドに敗れたとは言え予選を8勝1敗。近年は世界選手権で苦戦していましたが、代表チームが変わって古豪復活の予感がします。今度の世界選手権では上位に食い込んでくる可能性が高いです。

仮にスウェーデンが2位に入り、それ以外のチームが同一順位であった場合、韓国と12ポイントで同一となりますが、直近大会が優先されポイントでは8位。ただ韓国は開催国であるため8位でも日本が出場権獲得となります。

まあ、それだけ12ポイントという数字はかなりデカく、最悪のケースで最終予選に回る確率としては20%程度(適当)ではないでしょうかね。0ではないけど可能性は非常に低い。韓国が連続出場というのも大きいと思います。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR